User Guide    PDFの操作    表示    ウィンドウとタブ

ウィンドウとタブ

ドキュメントの表示方法を制御します。 このアプリケーションでは、ドキュメントを別々のウィンドウで開くことも、ドキュメントを別々のタブで開くこともできます。 これにより、ユーザーは複数のドキュメントを同時に表示できます。

ウィンドウビュー

ウィンドウビューをデフォルトにするには、次を実行します。

  1. Appleのシステム環境設定で設定を調整します。
  2. [Prefer tabs when opening documents (ドキュメントを開くときにタブを優先する)]の横の値を[いつも]以外のオプションに変更します。
  3. アプリケーションを閉じて再起動します。

すると、新しいドキュメントが新しいウィンドウではなく、アプリケーションの新しいタブで開きます。

macOSのサポートについては、 macOSヘルプセクションを参照してください。

タブビュー

タブバー

タブ上に同じアプリケーションウィンドウで複数のドキュメントを表示します。

  1. [表示] *>[Show Tab Bar (タブバーを表示)]を選択します。
  2. タブバーの右端にある[+]ボタンをクリックして、新しいタブを開きます。
  3. [ファイル]> [挿入]を選択して、開いているタブビューに新しいファイルを挿入します。

タブビューをデフォルトにするには、次を実行します。

  1. Appleのシステム環境設定で設定を調整します。
  2. [ドキュメントを開くときにタブを優先する]の横の値を[いつも]に変更します。
  3. アプリケーションを閉じて再起動します。

すると、新しいドキュメントが新しいウィンドウではなく、アプリケーションの新しいタブで開きます。

タブビューを無効にするには、[表示]>[Hide Tab Bar (タブバーを非表示)]**を選択します。

注意
* macOSと言語の設定によっては、[Show/ Hide Tab Bar (タブバーの表示/非表示)]と[Show All Tabs (すべてのタブの表示)]が[表示]メニューまたは[ウィンドウ]メニューのいずれかに表示される場合があります。
** [タブバーの非表示]は、1つのタブが開いていて、他のすべてのタブが閉じている場合にのみ使用できます。これは、macOSの標準的な動作です。

タブ付きビューをナビゲートする

異なるタブで複数のドキュメントを開いている場合は、[ウィンドウ]メニューで次のオプションを使用できます。

[Show Previous Tab (前のタブを表示)] 前のタブに移動します(Control + Shift + Tab) 。
[Show Next Tab (次のタブを表示)] 次のタブに移動します(Control + Tab)。
[Move Tab to New Window (タブを新しいウィンドウに移動)]現在タブ表示されているドキュメントを新しいウィンドウに移動します。
[Merge All Windows (すべてのウィンドウをマージ)]複数のウィンドウで開いたドキュメントを、複数のタブを持つ1つのウィンドウに集めます。

ドキュメントを単一のタブ付きウィンドウに集める

このアプリケーションは、macOS Sierraで導入された単一のタブウィンドウでの複数のドキュメントの表示をサポートしています。 複数のウィンドウで複数のドキュメントを開いている場合は、開いているこれらのウィンドウを複数のタブを持つ単一のウィンドウに組み合わせることができます。 これを行うには、[ウィンドウ]> [Merge All Windows (すべてのウィンドウをマージ)]を選択します。 これで、ドキュメントが1つのウィンドウに表示されます。 各ドキュメントには個別のタブがあります。