User Guide    PDFの操作    ドキュメントの暗号化とセキュリティ

ドキュメントの暗号化とセキュリティ

PDFドキュメントに設定できるパスワードには2つのタイプがあります。

  • ユーザーパスワード:
    ドキュメントを開いて表示するために必要です。 このパスワードはドキュメントを暗号化するため、パスワードを知っている人だけがコンテンツを見ることができます。
  • オーナーのパスワード
    (PDFpenProの高度な機能。 ドキュメントのアクセス許可を参照してください)
    ドキュメントのアクセス許可の変更には必要ですが、ドキュメントを表示するのには必要ありません。 ドキュメントはすべての人が表示できますが、保存、印刷、コピーはドキュメントのオーナーによって制限される場合があります。

ユーザーパスワードはドキュメントのコンテンツの表示をできないようにしますが、オーナーのパスワードはコンテンツが変更されるのを防ぎます。 ドキュメントには両方のパスワードが含まれている場合があります。

ユーザーパスワードの設定

  1. [ファイル]> [複製](Command + Shift + S)を選択し、新しいドキュメントで[ファイル]> [保存](Command + S)を選択します。 または、[ファイル]> [別名で保存](Command + Option + Shift + S)を使用します。
  2. [保存]ダイアログの下部で、[暗号化]オプションを選択します。 「強」をお勧めします。
  3. 「パスワード」フィールドにパスワードを入力します。
  4. [確認]フィールドに同じパスワードを再入力します。
  5. [保存]をクリックします。

パスワードで保護されたPDFを開くたびに、ユーザーは指定したパスワードを入力するように求められます。 ドキュメントを閉じて開くことで、これをテストできます。

暗号化レベル

ドキュメントの暗号化レベルによって、ドキュメントのセキュリティと、ドキュメントを表示できる他のPDFアプリケーションが決まります。 暗号化には3つのレベルから選択できます。

  • :40ビットRC-4暗号化レベル。 この暗号化レベルのファイルは、どんなPDFビューアでも表示できます。
  • :128ビットAES暗号化。 この暗号化レベルのファイルは、PDFpen v4.2以降、Adobe Reader 7以降、およびmacOS10.5以降のPreviewで表示できます。
  • 強力な暗号、低い互換性:256ビットAES暗号化。 この暗号化レベルのファイルは、PDFpen v5.3以降、Adobe Reader 9以降、macOS10.7以降のPreview で表示できます。

バージョン6.2.1以降、PDFpen はAdobe Acrobat X以降で作成された256ビットAESr6暗号化を使用したファイルの操作をサポートします。PDFpenはこの暗号化レベルで新しいファイルを暗号化することはできませんが、このレベルでファイルを開いて保存することはできます。 Preview のユーザーは、この暗号化レベルだとファイルを表示できなくなります。

ユーザーパスワードの削除

  1. [ファイル]> [複製](Command + Shift + S)を選択し、新しいドキュメントで[ファイル]> [保存](Command + S)を選択します。 または、[ファイル]> [別名で保存](Command + Option + Shift + S)を使用します。
  2. [保存]ダイアログの下部で、[暗号化]オプションから[なし]を選択します。
  3. [保存]をクリックします。

オーナーのパスワードの設定

(PDFpenProの高度な機能。 ドキュメントのアクセス許可を参照してください。)