User Guide    高度な機能    フォームデータの処理

フォームデータの処理

フォームを送信するためのPDFアプリケーション

フォームへの入力と送信に使用できるPDFツールはいくつかあります。

PDFpen は、HTML、XFDF、およびPDF形式でのフォームの送信をサポートしています。 しかし、FDF形式でのフォームの送信はサポートされていません。 ユーザーは、アプリケーションの無料デモをダウンロードし、フォームに記入して送信できます。

Previewはフォームの送信をサポートしていません。 PDFpenProで作成されたフォームには、これが書いてあり、PDFpenProのダウンロードリンクを提供する紹介ページが表示されています。

Adobe ReaderはHTML、FDF、およびXFDF形式でのフォームの送信をサポートしています。

Adobe AcrobatはHTML、FDF、XFDF、およびPDF形式でのフォームの送信をサポートしています。

Kofax Power PDF はHTMLおよびFDF形式でのフォームの送信をサポートしています。 XFDFが指定されている場合、Kofax Power PDFはFDF形式で送信されます。

基本的なフォームデータの収集と処理

ユーザーがフォームの送信ボタンをクリックすると、入力可能なフィールドに入力されたデータがXFDF形式でパッケージ化され、指定された場所(URLまたは電子メールアドレス)に送信されます。 送信ボタンを設定するには、フォームの作成を参照してください。 送信ボタンで使用できる唯一のオプションはXFDFであることに注意してください。

ユーザーが電子メールでフォームを送信すると、フォームの作成者であるあなたにもフォームの内容が入力されたXFDFファイルを含む電子メールが送信されます。 このデータを元のフォームに適用すると表示されます。 これを行うには、フォームの空白のコピーを開いてから、「Process XFDF」というスクリプトを実行します。 次からダウンロードできます。

https://cdn.smilesoftware.com/Process_XFDF_1.0.zip

XFDFを使う理由

利用可能なフォーマットの中で、XFDFは最もオープンな仕様で、後処理が簡単です。 単純にコンマで区切った値(CSV)またはタブで区切った値(TSV)も利用できたら便利ですが、これらはPDFの仕様の一部ではないため、残念ながら使用できません。

データ形式

XFDF(XMLフォームデータ形式)基本的にXMLでラップされたフォームの内容であるため、非常に柔軟性があります。 これにより、他のツールで簡単に解析できます。

FDFとPDFAdobe のエコシステム内で送信されるフォームで使用されます。 Adobe 製品以外でFDFファイルを後処理することは難しいため、お勧めしません。

HTMLすでにバックエンドのフォーム処理スクリプトがあり、PDFフォームを処理するようにそれらを適合させたい場合に便利です。 それ以外の場合は、XFDFほど定期的でも後処理も簡単ではありません。

参照:

XFDF仕様:
https://www.iso.org/obp/ui/#iso:std:iso:19444:-1:ed-1:v1:en

FDF仕様:
https://www.adobe.com/content/dam/acom/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_archives/PDFReference.pdf