User Guide    高度な機能    ドキュメントのアクセス許可

ドキュメントのアクセス許可

(PDFpenProの高度な機能)

ドキュメントのアクセス許可の設定

PDFで所有者パスワードを設定することで、ドキュメントのアクセス許可を制御できます。 ドキュメントのアクセス許可の設定では、印刷や編集など、特定のアクションを実行できるかどうかを指定します。 これらのアクションは、所有者のパスワードを知っている人のみが実行できます。

注意: Adobe Reader、Preview、およびPDFpenはドキュメントのアクセス許可を考慮しますが、すべてのPDF編集アプリケーションがそうするわけではありません。 ドキュメントのアクセス許可は、ユーザーによる気軽なPDFの編集や、その他の制限されたアクティビティの実行を防ぐのに便利ですが、確実なセキュリティ対策とは言えないので、この機能に依存しないようにしてください。

  1. [インスペクタ] ウィンドウから[文書の許可] タブを開きます。 ([ウィンドウ]>[文書の許可])。
  2. [追加]ボタンをクリックします。
  3. [パスワード]フィールドに好きなパスワードを入力してから、[確認]フィールドにパスワードをもう一度入力します。 [OK]をクリックして終了します。
  4. 権限を選択します。 [プリセット]ポップアップには、以下で説明する一般的な権限設定のリストが表示されます。
  5. これらの設定を適用するには、[ファイル]> [保存]を選択します。

これらの権限を設定または変更するには、所有者のパスワードが必要になります。 ドキュメントを閉じたり開いたりして、正しく設定されているかをテストします。

権限設定

特定の設定は相互に排他的であるため、可能な場合はプリセットを使用することをお勧めします。

印刷
ユーザーがPDFを印刷できるようにします。

高解像度プリントの許可(お勧めしません)
ユーザーが印刷ダイアログを介してPDFに印刷できるようにします。 これによりPDFがフラット化し、すべての権限設定が無効になります。 この設定をオフにすると、そのファイルの[印刷ダイアログ]オプションは表示されません。

内容の修正
[ページの修正]、[フォームの記入]、および[文書に注釈をつける]のオプションがあります。

ページの修正
ページの並べ替え、コピー、削除を行います。

テキストとオブジェクトのコピー
ドキュメントの内容をドキュメントの外部にコピーします。

フォームの記入
ユーザーがフォームフィールドに入力できるようにします。

文書に注釈をつける
コメント、メモ、ハイライト、マークアップを追加します。

アクセス可能にする(お勧めします)
VoiceOverなどのアクセシビリティユーティリティを許可して、ドキュメントのテキストにアクセスできるようにします。

暗号化のレベルは、ウィンドウの下部に表示されます。

ドキュメントのアクセス許可の変更または削除

  1. [インスペクタ] ウィンドウから[文書の許可] タブを開きます。 ([ウィンドウ]>[文書の許可])。
  2. [変更]ボタンをクリックします。
  3. [パスワード]フィールドにパスワードを入力してから、[確認]フィールドにパスワードをもう一度入力します。
  4. [OK]をクリックして権限設定を変更するか、[オーナーのパスワードの入力]をクリックしてドキュメントの権限を削除します。
  5. これらの設定を適用するには、[ファイル]> [保存]を選択します。

権限の暗号化

ドキュメントのアクセス許可に関するデフォルトの暗号化方法はAES-128となっています。 これは、ユーザーパスワードを追加することで変更できます。 権限の暗号化レベルは、ユーザーパスワードと同じです。