編集バー

[表示]> [編集バーを隠す](Command + Shift + E)を選択して、編集バーの表示を切り替えできます。 デフォルトでは表示されています。

サポートされているMacのタッチバーにツールが表示されます。

基本的なツール

テキスト選択ツール

コピーするテキストを選択するか、正しいテキストで編集できます(テキストの編集と修正)。 このツールを使用すると、インタラクティブなPDFフォームに入力できます(フォームの操作)。 このツールは、ドキュメントを開いたときにデフォルトで選択されています。

編集ツール

画像、テキストボックス、または別のオブジェクトを選択して、移動、サイズ変更、または削除できます(画像の編集とトリミングテキストのフォーマット)。

精密編集ツール

それ以外の場合は選択できないオブジェクトと画像を選択できます。 テキストを1行ずつ選択して、 移動、サイズ変更、または削除が可能です(画像の編集とトリミングテキストのフォーマット)。

長方形選択ツール

ページの領域を選択できます。領域をコピーして貼り付けるか、選択した領域にページを切り抜くことができます(選択とトリミング)。

測定ツール

ページ上の2つのオブジェクト間の距離を測定できます(測定ツール)。

手のひらツール

クリックアンドドラッグでドキュメントをパンできます。 Optionキーを押してズームインし、Command + Optionでズームアウトします(スクロール)。

フォント、スタイル、色、整列

フォントまたはテキストの書式設定セクションには、選択したテキストまたは新しく作成されたテキストのインプリントの書体、サイズ、およびその他のプロパティが表示されます (テキストの編集と修正テキストのフォーマット)。

または、[書式]> [フォント]> [フォントを表示](Command + T)を選択して、書体、サイズ、およびスタイルにアクセスできます。 [書式]> [テキスト]を選択すると、位置揃えにアクセスできます。

フォント
現在のフォントが表示されます。 下矢印をクリックしてメニューを展開し、新しいフォントを選択します。

PDFpen では、macOSフォントマッチング機構を使用します。アプリケーションは最も一致するものをOSに要求しますが、何が返されるかは、ユーザーのシステムで利用できるものに完全に依存します(ドキュメントのプロパティ)。

サイズ
現在のフォントサイズが表示されます。 上矢印または下矢印をクリックしてメニューを展開し、新しいサイズを選択するか、フォントサイズを直接クリックして(カーソルが点滅します)、カスタムサイズを入力します。

スタイル
現在の誤植のハイライト(ある場合)が表示されます。 太字斜体、または下線をクリックすると、選択または選択解除します。 選択したスタイルは青色でハイライトされます。

テキストの色
テキストのインプリントの色を変更します。 クリックすると、使用可能な色の範囲から選択したり、カスタム色を選択したりできます。

整列 (ツール)
現在の配置が表示されます。 クリックして配置を選択します:[左揃え]、[中央揃え]、[右揃え]、[両端揃え]。

プロパティ

プロパティオブジェクトのプロパティ)ツールは、最後に選択した色とプロパティを記憶します。

ストローク色
コメント、線、図形などのオブジェクトの線の色を設定します(注釈の追加描画とオブジェクト)。

塗りつぶしの色
コメント、線、図形などのオブジェクトの塗りつぶしの色を設定します。 テキストフィールドの背景色を選択します(フォームの作成)。

線の属性
点線と破線に使用されます。線の開始と終了を設定して、矢印を作成します(描画とオブジェクト)。

ストロークの太さ
テキストフィールドの手書き、線、または境界線の線の太さを設定します(描画とオブジェクトフォームの作成)。